ビットコイン45億ドル(約5,200億円相当)盗難事件の犯人が米国で逮捕

ロシアのニュースサイトSPUTNIK(スプートニク)によると、2016年に起きた仮想通貨取引所ビットフイネックスをハッキングしてビットコイン約5,200億円相当を盗んだ犯人が米国で逮捕された。

米司法省は、世界的に人気の高い暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフィネックスからビットコインが盗まれた事件で、イリヤ・リヒテンシュタイン容疑者(ロシアと米国の二重国籍)と妻のヘザー・モーガン容疑者(米国籍)を米ニューヨークで逮捕したと発表した。
調査情報によると、リヒテンシュタイン容疑者は2016年にビットフィネックスをハッキングし、現在の価値で45億ドル(約5200億円)相当の11万9754ビットコインを盗んだ。その後、夫婦は数年間にわたって違法な手段でこれらの資金を引き出し、合計2万5000ビットコインをロンダリングしたという。
米司法省は、盗まれた11万9754ビットコインの一部にあたる9万4000BTビットコイン(約36億ドル)を夫婦から押収したと発表した。司法省によると、米国で押収されたビットコインとしては過去最高額。
裁判所は夫婦を保釈した。夫婦はそれぞれ最大20年の禁錮が科せられる可能性があるという。
参照: SPUTNIK 45億ドル相当のビットコイン盗難事件 米国でロシア人逮捕

海外

Posted by 渡邊 編集長