ロシア 引退したレオニード・イヴァショフ大佐がウクライナとの戦争に反対の声を上げプーチン大統領を非難し、辞任を要求した。

引退したレオニード・イヴァショフ大佐は、ロシアのウクライナとの戦争に反対の声を上げた。親ソ連と愛国的な見解で知られる将校は、全ロシア将校会議の議長として声明を発表した。Ekho Moskvyの放送で、彼は軍事侵略のリスクと結果を評価し、エスカレーションのためにプーチン大統領を非難し、彼の辞任を要求しました。
参照: エコー

海外

Posted by 渡邊 編集長